バイアグラ効果

バイアグラ効果/伝統のあるed治療薬で、勃起不全の悩み解消

バイアグラ効果

 

バイアグラはed治療薬として、最初に発売されたお薬です。

 

1998年に発売され、その効果は抜群だったので、世界中に普及して行きました。

 

しかし、1999年から2000年におきた、併用禁忌薬の硝酸剤を服用している人がバイアグラを服用して血圧低下によって死亡した事件で、バイアグラは腹上死の危険があるなどと言う根拠の無いデマが飛んだ時期もありました。

 

バイアグラ効果

 

バイアグラはもともと狭心症の治療薬として開発されていた薬なので、心臓に負担がかかるなどという事はありません。
ニトログリセリンなどの硝酸剤を服用していると血圧が下がりますが、併用してバイアグラを飲んだことで、さらに血圧が下がってしまい死に至ったんです。

 

その事が正確に伝わらず、バイアグラの性格上から「腹上死」などという報道がされてしまったんですね。

 

糖尿病や高血圧の薬を飲んでいる人がバイアグラを飲めないというのも間違った情報なんです。

 

むしろバイアグラには、糖尿病や高血圧による動脈硬化に効果があることが分ってきて、その治療薬としての研究が進んでいるくらいなんです。

 

最近の研究では、バイアグラが「新生児肺高血圧症」という難病の治療にも効果があることが分り、日本でもその目的での処方が2008年に承認されているんです。

 

「肺高血圧症」とは、新生児が胎盤呼吸から肺呼吸へ切り替わるときにごくまれに起きる、肺への血流がうまくいかなくなる病気なんです。

 

血流を良くする効果のあるバイアグラが、新生児の肺への血流を良くして生命にかかわる難病を治療するという、まさに想定外の効果が証明されたんです。

 

さらに、バイアグラは糖尿病による動脈硬化の改善にも役立つという研究結果も発表されています。

 

edの治療以外にも効果があるバイアグラの可能性は広がる一方なんです。

 

ED治療以外にも治癒王効果があることがわかってきたバイアグラの効果をもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

 

バイアグラ・ジェネリック

 

バイアグラには、今までインド製のジェネリック薬がありました。

 

本来であれば、1998年発売のバイアグラは、特許期間が満了する15年後の2014年以降でなければ、ジェネリック薬は製造できないんですが、インドの特殊な特許制度により、インド国内ではバイアグラジェネリックの製造が可能だったんです。

 

また、インドは国を挙げて製薬会社をバックアップしており、安全面からいっても信頼性は高いと言えるんです。

 

オリジナルのバイアグラは「新薬」と呼ばれる薬で、開発に莫大な研究費用と時間をかけて開発されるため、当然薬の価格にも反映されるため割高になってしまいます。

 

いっぽう、ジェネリック薬は「新薬」の特許期限が切れた後に名前を変えて製造したものなので、「後発薬」という呼び方をされるんです。

 

ジェネリック薬は新薬のノウハウが既に存在するため、新薬ほど経費を掛けなくても製造できるんです。

 

そのため、販売価格を安くすることが出来るんですね。

 

さらにインドは人件費が欧米の約半分くらいで済むことも、安いジェネリックを提供できる理由なんです。

 

インド製のジェネリック薬は、発展途上国で活躍している「国境なき医師団」でも欠かせないものになっています。

 

 

発展途上国で使用するHIV(エイズウイルス)の治療薬の8割は、インド製のジェネリック薬なんです。

 

もしインドで薬が作れない場合は、インドから薬を輸入している国の医療制度自体が破たんしてしまうくらい、インド製のジェネリック薬は影響力を持っているんです。

 

2005年にはWTOからの提言で、特許法を改定しましたが、インド製のジェネリックの需要は相変わらず旺盛なんです。

 

日本においても、財政再建の柱である医療費抑制策に、ジェネリック薬のさらなる活用が盛り込まれています。

 

今後ジェネリック薬の普及は、加速度的に広まっていくのではないでしょうか。

 

バイアグラジェネリックをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

 

バイアグラ・通販

 

バイアグラを手に入れるためには、泌尿器系のクリニックを受診して、医師に処方箋を書いてもらい、薬局からバイアグラを受け取る方法が最も一般的です。

 

初めてバイアグラを使用する場合は、気恥ずかしさを感じたり、多少費用(初診料、診察料など)が掛かっても、クリニックの受診をお薦めします。

 

クリニックを受診する事で、自分の身体の状態を把握することが出来ますし、他の薬を飲んでいる方は、バイアグラとの飲み合わせが可能かどうかも医師に判断してもらえます。

 

特にニトログリセリンなどの硝酸剤を飲んでいる方は、バイアグラは併用禁忌薬になりますので、バイアグラを飲むことが出来なくなります。

 

一度クリニックを受診して、バイアグラの服用が問題ないことが確認できれば、インターネット通販を利用して、自分一人でバイアグラを購入する事も出来ます。

 

インターネット通販の良い所は、自分以外の人と顔を合わせることなく、バイアグラが自宅に届く事です。

 

最近は男性スタッフのみの泌尿かクリニックも開業しているようですが、クリニックや薬局のスタッフと顔を合わせるのは、なんとなく気恥ずかしいものですよね。

 

その点、インターネット通販なら誰とも顔を合わせることをせずに済みますから、気が楽です。

 

ただ、インターネット通販には気を付けなければならない点があるんです。

 

それは、いわゆる「ニセモノ」を購入しないようにする事なんです。

 

ネット上には、低価格を目玉にしたウェッブサイトが沢山ありますが、極端に値段を安く提示しているサイトは要注意です。

 

ネット上で売られているed治療薬の50%以上が「ニセモノ」との調査結果っがあるくらい、ネット上には「ニセモノ」が流通しているんです。

 

複数のサイトを比較検討して、「正規品」を扱っている業者を選択する事が、とても重要になって来ます。

 

通販を利用して購入できるバイアグラジェネリックをもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください

 

バイアグラ・PDE5阻害薬

 

バイアグラの成分であるシルデナフィルは、PDE(ホスホジエステラーゼ)5阻害薬と呼ばれています。

 

PDE(ホスホジエステラーゼ)5阻害薬を説明する前に、勃起のシステムを復習してみましょう。

 

ペニスの勃起は生殖のための生理現象で、最初は主に自律神経を介して性的興奮がペニスに伝わります。

 

その性的興奮が伝達された海綿体神経の末端から、神経伝達物質が分泌されることにより、陰茎海綿体の平滑筋が弛緩します。
平滑筋が弛緩すると動脈から海綿体への血液の流入量が増加して、 海綿体が膨らんでいきます。

 

海綿体が膨らむことによって、 海綿体内の静脈は外圧の高まりに応じて閉じていきます。

 

静脈の閉塞により、海綿体に蓄積された血液は身体に再び戻らずペニスに蓄積して、 ぺニスが勃起するんです。

 

cGMPは増加する事によって血管拡張物質である一酸化窒素の効果を増大させて、 陰茎海綿体平滑筋を弛緩拡張させて、 勃起の最初のアクションである動脈から海綿体への血液流入増加を発生させて、 ペニスの勃起になるんです。

 

ここで、PDE(ホスホジエステラーゼ)5阻害薬の説明をします。

 

PDE(ホスホジエステラーゼ)5はcGMPを分解する酵素です。

 

少し複雑になりますが、勃起を促すためにはこのcGMPを分解する酵素であるPDE(ホスホジエステラーゼ)5の働きを阻害しなければならないんですね。

 

要するに、勃起に必要なcGMPの邪魔をするPDE(ホスホジエステラーゼ)5を機能させないようにする効果が、バイアグラの成分であるシルデナフィルにはあるという事なんです。

 

シルデナフィル(バイアグラ)の他に、ホスホジエステラーゼ5阻害薬としては、 バルデナフィル(レビトラ),タダラフィル(シアリス) があります。

 

バイアグラの効果をもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください

 

バイアグラ・インド

 

国産バイアグラジェネリックがが解禁になって、外国製のバイアグラジェネリックとの競争が激化しそうな様相ですが、価格的にはインド製などの外国製バイアグラジェネリックが優位を保っています。

 

なぜインド製のジェネリック薬品がこれほど全世界に普及しているんでしょうか?

 

いくつかの理由がありますが、最も大きな理由は「1970 年特許法」と言われているインド独自の特許法なんです。

 

インド国内では、「1970 年特許法」により医薬品を含む食品・化学品などに対し「物質特許」を一切認めず、「製法特許」制度を採用していたんです。

 

インドでは同じ成分の薬剤であっても、違う製法で作られていれば別の薬として扱われると法律で決めていたんです。

 

欧米諸国で特許が認められていても、「インド国内では薬の物質特許は関係ない」という考えのもと、新薬を元に新しい製造方法で続々とジェネリック薬が作られていったんです。

 

その他にインドのジェネリックの競争力が強い理由は、生産コストの低さがあるんです。

 

人件費の低さなどから、欧米先進国に比べると約55%程度の製造コストと推測されています。

 

また、化学を学ぶ優秀な学生数の多さなど人材面でも恵まれています。

 

国内事情の面からも、貧しい人々が多いインドにおいて低価格の医薬品は無くてはならないものなんです。

 

発展途上国で医療活動に従事している「国境なき医師団」でも、財政負担軽減から使用している医薬品の8割はインド製のジェネリック薬なんです。

 

価格は低くても高品質なインド製のジェネリック薬は、アフリカなどの発展途上国には無くてはならないものになっています。

 

特に、発展途上国では、エイズ(HIV)の問題が大きく、このエイズ治療薬のほとんどがインドのジェネリック医薬品で支えられているんです。

 

インド製の高品質で安全なバイアグラをもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください

 

ホーム RSS購読 サイトマップ